入試案内

本学院独自の制度として、「一科目免除制度」・「医療系国家資格所有者奨学金」・「星城大学学費振替制度」・「奨学金プラス試験」などがあります。それらの制度を活用して、より有利に、そして経済的に入試を受験することができます。詳しくは各項目をご参照ください。

■募集定員 ~平成30年度~
医療専門課程理学療法学科

年限定員
I部(昼間部(3年間昼間授業))3年40名
(男・女)
II部(夜間部
(1・2年次は夜間授業、
3年次は昼間授業))
3年40名
(男・女)

■卒業後の資格等
・理学療法士国家試験受験資格
・専門士称号(医療専門課程)

■入試特典と入試方法

↑このページのトップへ

入学試験日程

■平成30年度 入学試験日程


※出願についての詳細は本学院にお問い合わせ頂くか、募集要項をご覧ください。

↑このページのトップへ

入学検定料・学費

■入学検定料
全方式
I部(昼間)・II部(夜間)ともに20,000円

■入学金
I部(昼間) 200,000円
II部(夜間) 100,000円

■学納金

  I部(昼間)
前期納入金
(入学手続時)
後期納入金
(9月末時)
合計
授業料 400,000円 400,000円 800,000円
維持費 150,000円 150,000円 300,000円
設備費 150,000円 150,000円 300,000円
教育充実費 50,000円 50,000円 100,000円
合計 750,000円 750,000円 1,500,000円
  II部(夜間)
前期納入金
(入学手続時)
後期納入金
(9月末時)
合計
授業料 350,000円 350,000円 700,000円
維持費 150,000円 150,000円 300,000円
設備費 150,000円 150,000円 300,000円
教育充実費 50,000円 50,000円 100,000円
合計 700,000円 700,000円 1,400,000円

■その他諸経費
下記①~③が全学生共通の経費になり、入学時が最も多く約20万円、残りの2年半で約24~25万円掛かります。
なお、④~⑥は個人で異なる経費となります。

【全学生共通】
①白衣・ケーシー・聴診器・関節角度計等の道具諸用品及び保険代として入学時に約6万円。

②教科書代として、1年次に約13万円。2年次・3年次の教書代合計17万円。(年度により前後します)

③学生会費・後援会費等の費用として、1・2年次に各約4万円、3年次に約10万円。(卒業アルバム代等含む)

④本学院の学習環境に適したノートパソコン(Word、Excel、PowerPoint、無線LAN機能有り)をお持ちでない場合は、講義で必ず必要になりますので、本学院推奨品または家電量販店で上記機能を満たした機種を購入してください。
【個人】
⑤再試受験料。

⑥通学時および病院実習時の交通費。

↑このページのトップへ

AO入試

■社会人・大学生・専門学校生対象 AO入試

AO入試とは
本学院のアドミッション・ポリシー及び教育理念(HITs)を十分に理解し、本学院を第一志望としている方を対象とした学習意欲・目的意識・職業意識を評価する入試制度です。

AO入試の流れ

<高校生>選考方法:面談

面談日 6/17(土)・7/15(土)・7/29(土)・8/7(月)・8/19(土)・9/16(土)・10/14(土)・11/18(土)・12/2(土)

※1) ※1) エントリーシートには在籍する高等学校の成績証明書または調査書が必要です。(成績証明の提出ができない場合、高校からの情報提供に許可を頂くか、提出された段階でエントリーを受理します)
※2) 感想文記入用紙はオープンキャンパス当日に配布します。
※3) 12/2(土)以降の面談をご希望の方は、本学院までお問い合わせください。
※4) 出願許可証は出願書類に同封してください。
※5) 9月までに面談をされた方は、10/2(月)に合否を発送します。10月以降については、各入試日程に準じます。

<社会人・大学生等>(高校既卒者)選考方法:面談+小論文(1200字)

↑このページのトップへ

一科目免除制度

あなたのやる気を評価します。
【病院見学型】【体感授業型】【大学併願型】の一科目免除制度を活用することで、各入試において筆記試験を1科目免除することができます(面接を除く)。理学療法に強い関心を持ち、さらに本学院への入学を希望する意欲の高い受験生を支援する制度です。ただし、この制度を利用できるのは、平成30年度入学試験において1回のみであること、また、下記(1)~(3)を併用することはできません。なお、(1)病院見学型と(2)体感授業型は、「体験レポート」を期限までに提出する必要があります。

(1)病院見学型、(2)体感授業型

本学院の5月〜10月のオープンキャンパスにおいて理学療法士が働く現場を見学する、または理学療法士の学びを体験し「体験レポート」を作成することによって、筆記試験や高校での学業成績だけでは見ることのできない受験者の適性、学習意欲、目的意識、職業意識総合的に評価します。


↑このページのトップへ