就職についてRecruit

Home > 就職について > 卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

加藤 辰弥

患者様が改善していく姿が自分の喜びや意欲につながる。

学生時代、サッカーで足にケガをした時、理学療法士の先生にお世話になったことがこの職業を目指したきっかけです。大学か専門学校か、どちらに進むか迷った末、より専門性の高い学びが受けられると考えて本学院を選びました。本学院の最大の魅力は、専任教員全員が現役の理学療法士だということ。将来の目標となる存在が目の前にいるのは、とても心強かったです。現在は、患者様との会話から身体の状態を把握し、症状を改善するための治療、運動などを計画し、実行するのが仕事。在学中に学んだ知識や技術は、あらゆる場面で活きています。特に移乗動作方法は、学校で学んだことをベースに自分なりのアレンジを加えることで、より効率の良い作業ができるようになったと思います。

加藤辰弥/症状が良くなっていく過程に喜びを感じます。 症状が良くなっていく過程に喜びを感じます。

加藤辰弥/会話の機会が減ってしまう入院中こそ会話が大切。 会話の機会が減ってしまう入院中こそ会話が大切。

患者様の症状が良くなっていく過程には言葉にできないような喜びがあり、笑顔で「ありがとうございます」と言っていただく度に、この仕事を選んでよかったと実感しますね。病院には長期療養の患者様も多いので、リハビリをしていく上でのモチベーションを維持するのは難しいですが、患者様の不安を少しでも和らげ、前向きにリハビリに取り組んでもらえるよう、できる限り会話を増やす心がけをしています。理学療法士は「生涯勉強」ともいわれる職業。今後も勉強会や研修会に積極的に参加し、スキルを高め、患者様に還元していきたいです。

このページのTOPへ

髙坂 鮎子

壁にぶつかった時、学校で学んだ基礎の大切さを実感。

私が理学療法士という職業を知ったのは、テレビドラマでした。「私もこの仕事がしたい」と直感的に思い、この道に進むことに。当時私は大学4年生で、卒業論文制作の時期に本学院に入学しました。卒論と理学療法士の勉強を両立するのは大変でしたが、先生方から学ぶ臨床現場の話や治療技術はとても興味深く、モチベーションを高めることができ無事大学を卒業することができました。国家試験に合格した時は、努力が報われたという気持ちでホッとしましたね。夢を叶えた今は、回復期リハビリテーションにあたる入院・外来の患者様の治療をしています。同じ疾患でも、症状が一人ひとり異なるので、なぜ立てないのか、なぜ歩けないのかを常に考えながら治療を行っています。

髙坂 鮎子/患者様の表情を見ながらの声掛けも大切。 患者様の表情を見ながらの声掛けも大切。

髙坂 鮎子/患者様一人ひとりに合わせた治療を心がけています。 患者様一人ひとりに合わせた治療を心がけています。

毎日、患者様と真剣に向き合うことができるこの仕事がやっぱり好きですね。もちろん、臨床で悩むこともあります。そんな時は基礎に立ち返り、考えることを大事にしています。在学中に基礎を学ぶ必要性を教えてくださった先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。社会人1年目なので、自分の至らなさを実感する毎日ですが、今の自分ができることは全力でやるように意識しています。いろいろなことに興味を持ち、さらに経験を積み、できる限りの治療を患者様に行える、そんな理学療法士になりたいです。

このページのTOPへ

柴田 直人

先生方の熱血指導が、困難を乗り越える力になっています。

大学卒業後、営業職として働いていましたが、「もっと人の役に立てる仕事がしたい」と思うようになり、理学療法士を目指すことを決意。経済面を考慮して、働きながら学べる本学院の夜間部を選びました。正直、入学前は授業についていけるか不安でした。でも臨床経験豊富な先生方の講義は分かりやすく、また熱い指導のおかげで医療職として働く心構えを叩き込むことができ、就職した今も大きな支えになっています。現在は一般病棟の入院患者と外来患者のリハビリテーションを担当し、医師や看護師とコミュニケーションを取りながら仕事をしています。患者様のリスク管理と、コミュニケーションによるチーム医療、退院までのマネジメントを行うのは大変ですが、その分やりがいも大きいです。ここでさまざまな病態の経験を積み、いつか訪問リハビリテーションなど在宅で暮らしている方の手助けになれるような仕事ができたらと考えています。

柴田 直人

柴田 直人

私が理学療法士になるまでの軌跡

▼25歳で理学療法士になることを決意。

困っている人の手助けになる仕事をしたいという気持ちが芽生え、医療福祉業界を調べるうちに理学療法士の存在を知り、資格取得を目指す。

▼昼間は仕事、夜は学生の日々。

最初は両立が大変でしたが、徐々に慣れ、同じ状況の仲間の存在が大きな力に。就職先検討の際は先生に病院の特徴や雰囲気をリサーチ。

▼急性期を学べる病院に就職。

「全ては患者様のために」をモットーに、日々奮闘中。理学療法士として患者様の早期離床と病棟での日常生活動作の向上に努める。

このページのTOPへ

宮田 かおり

今に活きている豊富な実践経験と患者様への心遣い。

大学でスポーツトレーナーの勉強をしていましたが、リハビリの話を聞くうちに、健康な人ではなく、障害を持った人の回復する過程を知りたいと思い、理学療法士を目指すようになりました。学校選びの決め手は、東海地区唯一の夜間部3年課程だったこと。1年でも早く資格を取得し働きたいと思っていた自分にはぴったりでした。就職率100%という実績にも魅力を感じましたね。勉強と仕事を両立できるか不安がありましたが、勉強でわからないことがあれば早めに登校し、積極的に先生へ相談。徐々に自分の生活リズムを掴めるようになり、学習に集中できる環境を作ることができました。人体解剖見学実習や臨床実習などの実践経験をたくさん積めたことは今の私の支えです。患者様への心遣いを学んだことも患者様第一の治療に活きています。まだ経験が浅いので、目の前の患者様に一生懸命の毎日ですが、その積み重ねがたくさんの人の回復につながっていくと信じています。

宮田 かおり

宮田 かおり

私が理学療法士になるまでの軌跡

▼大学在学中に理学療法士に興味。

大学の講義をきっかけに理学療法士という職を知る。話を聞くうちに興味が深まり、人の身体についてしっかり学びたいと思うようになる。

▼積極的な相談で不安を解消。

学習、実習、国家試験、就職などあらゆる相談にも、必ず何かしらのヒントや答えを導き出してくれる先生方から教わる日々。

▼さまざまな症例の患者様を治療。

急性期病院に就職。「素直に、貪欲に、一生懸命に」をモットーに、さまざまな疾患を抱える方のリスク管理をしながらリハビリを行う。

このページのTOPへ